作成時の大切なポイント|何者にも縛られないオシゴト|フリーランスで悠々自適な業務

何者にも縛られないオシゴト|フリーランスで悠々自適な業務

男女

作成時の大切なポイント

履歴書

無理に1枚にまとめない

転職を検討している時は求人で気になる企業を探し、発見した際はまず応募しなければなりません。電話や求人サイトなどから応募を行いますが、いきなり面接の機会に進むことがある一方で書類選考から始まるケースもあります。書類選考から始めるケースであれば、履歴書と職務経歴書を仕上げて送付しなければなりません。履歴書には職歴を記載できるスペースはありますが、それほど多くないので細かい内容を記載するのは難しいです。そこで、職歴の細かい内容を記載するために職務経歴書を作成します。フォーマットが決まっている職務経歴書は項目に沿って内容を記載するだけなので作成しやすい利点があります。ただし、無理に1枚にまとめるよりは2枚にした方が文字は大きくなり、間隔が空くので見やすい状態になります。

若干の違いはある

職務経歴書に記載する内容は勤務してきた企業名や勤務年数、仕事内容、役職などがあります。これらは転職の選考で自身の魅力をアップさせることができる情報なので可能な限り記載する必要があります。職務経歴書は店頭で販売されている履歴書に同封されている可能性が高いです。シンプルな項目ではありますが、フォー必要な情報を伝えるには問題ないフォーマットです。購入する履歴書によって職務経歴書のフォーマットに若干の違いはあるため、販売されている履歴書を色々と見てみることによって自分好みのフォーマットの職務経歴書を入手し、仕上げられます。また、職務経歴書のフォーマットはインターネット上でも公開されているため、購入せずに入手可能です。