出版社によって違う|何者にも縛られないオシゴト|フリーランスで悠々自適な業務

何者にも縛られないオシゴト|フリーランスで悠々自適な業務

男女

出版社によって違う

PCを操作する人

仕事内容を確認しよう

編集の仕事に就いていたことのある人は、他の出版社でも通用することがあります。多くの出版社に共通しているのは、校正作業やレイアウト、文章作成というように、繋がっている作業が多いからです。これらの一連の流れができれば、どこでもやっていけることがあります。そこで、転職を希望する人が増えてきています。本が売れない時代となっていることも関係しているのかもしれません。例えば、これまで担当していた雑誌の売れ行きが悪く、廃刊になってしまったとしたら、もう仕事がありません。別の出版社に転職をして、別の雑誌編集に携わった方がいいかもしれません。このような理由で転職する人が増えてきているものの、仕事内容はしっかりと確認しておきましょう。場合によっては作りたい雑誌を作れないこともあるからです。

キャリアがものを言う

編集の仕事は在宅でもできるようになってきています。パソコンやタブレットなどがあれば、データで原稿のやりとりができるからです。これまでのキャリアがあれば、出産や育児によって通勤できない主婦でも、手軽に転職ができます。実際に、編集作業を在宅で行っているという主婦層は多くなってきています。キャリアさえあれば出版社側にも信頼してもらえるので、安心です。どうしても在宅で仕事がしたいという人は、他の出版社を探してみましょう。場合によっては、そこから独り立ちすることも可能です。フリーで働く人も増えてきているからです。雑誌や書籍は紙出版でしたが、最近は電子書籍も増えてきています。電子書籍ならパソコンで編集作業もできやすいので効率的です。